既に支払ってしまった敷金 いつまで取り戻せるの?

もう既に敷金を支払ってしまってから、僕のブログに来てくれた方がほとんどだと思います。

ご心配は要りません。当然既に支払ってしまった敷金も取り戻せます。

既に支払ってしまった敷金を返してもらう敷金返還請求には、時効があるのですが、敷金返還請求の時効は、5年間 です。

ご安心ください。領収書など支払った証拠となる書類などがあれば、5年間もさかのぼって敷金の返還請求をすることができるのです。

安心しました?ほとんどの方が敷金の返還が受けられますよねー。

後は、僕の紹介しているマニュアルにおまかせください。

返還請求の手続きは、マニュアル販売者の方が、あなた専用の内容証明文書を作成してくれます。

あなたは、内容証明書を郵便局へ持って行くだけで、僕と同様に、10万、20万という高額な敷金を取り返すことが出来るのです。

しかも、効果がなかった場合の返金保証まで付いていますし、問題が解決するまでは、無期限でメールサポートを受けることができます。

もしも、あなたの不動産業者が悪質な業者で、問題が発生したとしても、プロのサポートが受けられるなんて心強いですね。

このような手厚い保証やサポートがある、マニュアルだったからこそ横着な僕にも、簡単に敷金を取り戻すことができたのです。

そんなわけで、僕が自信を持っておすすめしているこの敷金返還マニュアルであなたも、大切な敷金を、悪徳業者から取り替えそうじゃありませんか!

質問はこちらからどうぞ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。