敷金に関する恐ろしいお話

皆さん、本当に敷金は、大切に家を使っていれば戻って来るのが普通なのでしょうか?

たしかにそれが、本来のあるべき姿であることは、確かだと思います。

しかし、僕の場合だけでなく、様々な敷金トラブルが、世の中ではひんぱんに起こっているのです。

このような事実があることもまた知っておかなければなりません。

なぜこのような敷金トラブルがなくならないか、ということを不思議に思われた方もいらっしゃるでしょう。

ハウスクリーニング代などの、本来借主が払わなくていいお金をなぜ請求されるのでしょうか?

不動産業者はプロですから、当然借主が本来支払わなければならないお金と、そうでないお金の区別は熟知しているはずなのに…。

不動産業者はすべてをわかったうえで、不当な敷金を請求してくるのです。

それはなぜかというと、このような水増し請求が、じつは犯罪にならないからなのです。

恐いですねー。ばれても罪に問われることすらないのですから。

ばれないように、悪いうわさが立たないようにしながらも、どんどんこのような水増しが増えてしまうことも、ある意味仕方がないとも思えてしまいます。

しかも普通の人はそれが不当な水増し請求であることすら知ずに高い敷金を払い続けているのです。

これでは、いつまでたっても敷金トラブルが絶えないのは当然のことでしょう。

逆に、このような不況のなかですから、とれるとこから取らなければ、ということで、どんどん敷金の金額もエスカレートしてしまっているのが現状なのです。

自分の敷金を自分で守るために、ぜひ僕が敷金変換に成功したおすすめマニュアルで、あなたの大切な敷金を取られないように守ってください。

もう支払ってしまったっていう人も間に合いますよー。

続きはこちら

質問はこちらからどうぞ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。